【OLIGHT RN1500】ロードバイク用ライトは絶対これ!

ロードバイクのフロントライトにおすすめなOLIGHT RN1500 商品レビュー
Tamaくん
タマタツ

ロードバイク用ライトはOLIGHT(オーライト)のRN1500がおすすめ!

OLIGHTはアウトドアやミリタリー用ライトを製造・販売してる中華ブランド!
中華と聞くと不安になるけどクオリティが高い安心安全なブランドだゼ!

スポンサーリンク

OLIGHT RN1500をおすすめする理由5選

ロードバイクのフロントライトにおすすめなOLIGHT RN1500

Tamaくん
タマタツ

OLIGHT RN1500をおすすめする理由は以下の5つだゼ!

  • ランタイムが長い
  • 光量が充分すぎる
  • 端子はUSB-C
  • モバイルバッテリーとして給電も可能
  • 見た目がシンプルでオシャレ

ランタイムが長い

RN1500はいろいろな照射モードがありますが、フル充電状態から最長で12時間30分も連続照射が可能です!

夏なら一晩は充電なしで大丈夫な計算になるので、ブルベ装備の軽量化にもバッチリ!

光量が充分すぎる

モード Low Mid High Flash 1 Flash 2
光量(ルーメン) 300 750 1500 750 750
ランタイム 12h30m 4h00m 1h40m 11h30m 10h00m

上の表どおりのモードで光量が選択できますが、充分すぎて750ルーメンまでしか使いません!笑

750ルーメンを使うのも日中にアイウェアを着けながら暗いトンネルを通過するときだけ。

夜間でも街頭の多い明るめな場所なら300ルーメンで充分です。

街中で750ルーメンや1500ルーメンを使うと進行方向に居る人の視界を潰してしまって危険だと思います。

フラッシュモードが750ルーメンなのも嬉しいポイントです。

日中の林道などで対向にこちらの存在をアピールするときは明るめの光量が必要だからです。

充分な光量があるのにランタイムも長いので、素晴らしい設計だと思います!

端子はUSB-C

OLIGHT RN1500の充電端子はUSB-Cタイプ

ロードバイク用デバイスの端子はマイクロUSBがまだまだ多いですが、RN1500はUSB-C端子です!

今やサイコンも少しずつUSB-C搭載になっていますし、ほとんどのスマホは既にUSB-Cなのでこれは嬉しいですよね。

モバイルバッテリーとして給電も可能

OLIGHT RN1500はモバイルバッテリーとして他のデバイスに給電が可能

RN1500は外部出力機能も持っているのでモバイルバッテリーとして使うことも可能!

いざというときにRN1500からサイコンやスマホへ給電できるのは心強いです。

モバイルバッテリーをポケットやバッグに入れたくない場合、RN1500であればロードバイクに装着しておけるという考え方もできます。

見た目がシンプルでオシャレ

OLIGHT RN1500は見た目がシンプルでオシャレ

少し角張っていて左右対称のフォルム。

本体表面の素材はアルミが使われていてマットブラックの塗装。

このシンプルかつ無骨なデザインがオシャレだとタマタツは思っています。

レックマウントなどの金属系マウントとの相性は特に抜群!

スポンサーリンク

OLIGHT RN1500の気になるところ

Tamaくん
タマタツ

OLIGHT RN1500の気になるところは以下の3つだゼ!
でもどれも大したデメリットではないナ!

  • 見た目以上にずっしり重さを感じる
  • ぶら下げて使うとバッテリー残量が分からない
  • ぶら下げて使うと防眩機能が働かない

見た目以上にずっしり重さを感じる

OLIGHT RN1500は実測140グラムしかない

実測してみると140グラムぐらいしかないが(^^;)

Amazon商品ページでの公称重量は172グラムです。

数値で見ると普通なのですが、実物を手に持ってみると意外とズッシリ…。(^^;)

見た目がコンパクトなので、見た目以上の重さを感じるのだと思います。

そのうち慣れますし、長いランタイムとコンパクトさの両立は企業努力の賜物でしょう!

ぶら下げて使うとバッテリー残量が分からない

OLIGHT RN1500はぶら下げて使うとバッテリー残量が確認できない

RN1500のバッテリー残量は本体上部の電源ボタンの色で表示されます。

  • グリーン点灯:21パーセント以上
  • レッド点灯 :20パーセント以下
  • レッド点滅 :10パーセント以下

しかしRN1500をぶら下げて使うと本体が上下逆転するので電源ボタンが下になります。

すると走行中にバッテリー残量を確認することができません。(^^;)

ただしRN1500のランタイムだとライド中に残量を気にすることがほとんどないので特に問題ではないです。

ぶら下げて使うと防眩機能が働かない

OLIGHT RN1500の防眩機能の説明

 

RN1500はレンズの一部がギザギザに加工されていますが、これが防眩(ぼうげん)機能。

防眩機能は上向きに広がる光線を調整し、対向の方が眩しく感じないようにするものです。

OLIGHT RN1500はぶら下げて使うと防眩機能が働かない

しかしRN1500をぶら下げると防眩機能も上下逆転するので全く働きません。(^^;)

そもそも対向への配慮で角度をつけてRN1500を装着しているのであまり関係はないですが。

前述のバッテリー残量表示も含め、ぶら下げて使っているタマタツにも非があります!

スポンサーリンク

安くて高性能なライトはRN1500で決まり!

Tamaくん
タマタツ

RN1500はとにかくコスパがいいロードバイク用ライト!

一般的な使い方では充分すぎる光量とランタイムだゼ!

ライトを新調する予定の方はぜひRN1500も視野を使ってみてください!

OLIGHT(オーライト) RN1500 自転車ライト 1500ルーメン IPX7防水
スポンサーリンク

まとめ

  • OLIGHT RN1500は安いのに光量が多く、ランタイムも長いのでおすすめライト!
  • OLIGHTは中華ブランドだけどクオリティの高い商品ばかり
  • RN1500をおすすめする理由は5つ
    • ランタイムが長い
    • 光量が充分すぎる
    • 端子はUSB-C
    • モバイルバッテリーとして給電も可能
    • 見た目がシンプルでオシャレ
  • RN1500の気になるところ3つ
    • 見た目以上にずっしり重さを感じる
    • ぶら下げて使うとバッテリー残量が分からない
    • ぶら下げて使うと防眩機能が働かない
  • それでもRN1500は絶対買いな商品!
タイトルとURLをコピーしました